Print PDF

労働法及び雇用法

労働法及び雇用法

FBTの労働及び雇用グループには最優秀かつ選び抜かれた弁護士陣が全米にわたり全米屈指の大企業の従業員及び労働組合についてアドバイスを提供しております。

FBTの知力はU.S. News and World Report, Best Lawyers and Super Lawyers 等にも認められており Chambers USA に於いてはFBTの労働雇用法 グループをトップ順位として記載している。

FBTに於ける労働法及び雇用法グループは7州にわたり45人の弁護士及びパラリーガルとサポートスタッフで構成されている。

日常的に職場で起こる雇用関連全般問題をアドバイスしまた積極的な訴訟も必要であれば行っております。それにもましてFBTの弁護士陣は何よりも顧客を最優位におき顧客のニーズを最優先しております。雇用関連の問題を実践的に解決に導くことがFBTの使命である。

雇用均等委員会、州機関、地方機関、連邦裁判所、及び 州裁判所におき不当解雇、雇用差別、ハラスメント等のクレームに対し顧客を代理。(全国労働関係委員会及び州機関において労働問題においての仲裁手続き対応。)